ワケあり夫婦

嫁入りのススメ2話のネタバレ感想!子爵との縁談話で察する蘭子?

この記事ではめちゃコミックで連載中の漫画『嫁入りのススメ〜大正御曹司の強引な求婚〜』2話ネタバレ・感想を紹介します。

『嫁入りのススメ〜大正御曹司の強引な求婚〜』2話の
  1. ネタバレと見どころ
  2. 無料で読む方法
  3. 感想と考察
  4. 関連おすすめ作品

(上の文字を押すとスルスルっと移動します)

▼好きな漫画を半額クーポンで読む▼ まんが王国の公式サイト ※登録無料で3000作品以上が毎日読み放題!
※最大45%還元の爆得キャンペーン中

スポンサードサーチ

『嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~』2話のネタバレ・見どころ紹介

帰宅した蘭子に物々しい父

ただいま、と言って帰宅した蘭子は荷物を置きに部屋に向かいます。

あの学生から一体何をもらったのか気になり、紙袋を開けてみると…

中から、松永屋じゃなっきゃ買えない高級なハンカチが姿を表します。

本当にお坊ちゃんだったとは…

その後、居間に入るや否や、いきなり物々しい口調で父から話があると言われます。

とりあえず畏って聞いてみると、案の定、縁談話だったので、いつものように断って置いてくれと、席を立とうとする蘭子ですが…

縁談相手がまさかの子爵!

待てと呼び止められて、断るわけにはいかないといつにも増して厳格な父。

それもそのはず、相手は子爵の蝶名橋家の子息。

実は、蝶名橋とは祖父の代から仲が良く、孫同士を結婚させる約束をしていると初耳。

花宮家が事業失敗で庶民に転落してから、約束は頓挫したものと思ったから驚きの吉報。

体裁第一の母も、熱意を露わに若干ヒステリック気味に、メリットゼロなのに嫁に迎えてくれるなんて千載一遇のチャンス。

妹のが先に嫁いでしまい、女給のまま24歳になってしまったと、頭を抱えてる母に蘭子は…

両親の顔を立てるために形だけ…

母も元々はお嬢様だったから、蘭子は働く女性のあり方を話すと、真っ向から反対されます。

それでも、仕事が楽しいから結婚は興味ないと意地でも突っぱねる蘭子。

断る権利はこちらにないと、鬼気迫る父に、一応どんな物好きな相手かを聞いてみると…

どうやら子爵の孫はまだ大学生。

父親が亡くなり、現状は先代が当主をされているようですが、卒業後はすぐにでも家督を継がせたい意向らしい。

なので、結婚にも前向きな相手の好意を裏切ることはダメ!

──当日

高級車が自宅前まで迎えてくれ呆気にとられる蘭子と近所の人たち。

とにかく気に入ってもらうようにと、最後まで耳打ちする母。

まるで気乗りしない蘭子を乗せた車が向かう先は…

『嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~』を無料で読む方法

『嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~』は、めちゃコミックなら期間限定で2巻無料で読むことができます。

※漫画村/星野ロミ(閉鎖)、漫画BANK、Raw、rar、zipのような違法アップロードサイトではありません。

めちゃコミックの公式サイトはこちら

以下、おすすめ関連作品も無料で読めるので合わせて読んでみてください!

おすすめ関連作品

※期間限定キャンペーンのため随時ご確認ください。

スポンサードサーチ

『嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~』2話の感想・考察

花宮家の事業とは?

家のサイズ的にも完全に庶民の民家って感じですが、元々花宮は名家だったようですね。

お祖父さん同士が仲良しだったということは、仕事の付き合いがあったと予想できます。

蝶名橋が子爵ということは男爵の上で伯爵の下。

庶民にとっては華麗なる一族で、奇跡的な普通なら縁談話になります。

父親も事業家だったことから、蘭子もバリバリ働く志向になっているかもしれないですね。

ちなみに、大正時代ですと、綿工業、プラスチックなどの重工業、ビールやウイスキーなど酒造も盛んになってきた背景があります。

いろいろチャレンジして転けたってことですが、庶民生活ができている時点で不幸中の幸いかなと…

まとめ

以上、『嫁入りのススメ~大正御曹司の強引な求婚~』2話のネタバレ・感想の紹介になります。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^

おすすめ関連作品を紹介

こんな記事もおすすめ