腹黒・略奪女

社内探偵8話のネタバレ感想や無料で読む方法!高井の犯人説は嘘?

『社内探偵』は、媚びまくり腹黒OLが上司や男を手玉に取り、他のOLがぞんざいな扱いをくらっているクレームに、キレッキレ人事部が解決していくという漫画。

…と思いきや、途中からドロドロな嫉妬毒女や不倫、不正問題などのヘビーな展開になり、かなり中毒性が出てきます。

ニャン玉
ニャン玉
探偵ポジの久我ありさと、ゆるふわ魔性OL・飯田美和が水面下で戦略をぶつけ合うのが秀逸だニャ。

\登録無料 + 半額クーポンあり/まんが王国で読んでみる※登録後に3000作品以上が無料で読み放題!

この記事では『社内探偵』8巻の

をまとめて紹介していきます!

スポンサードサーチ

『社内探偵』8巻の見どころをネタバレ

人事課長・高井は黒幕ではない!?

久我ありさと待望のお茶デート?に誘えて終始浮かれっぱなしの町上。

事あるごとに有頂天なセリフを発して、どーでもいいトークをする町上にウンザリしながら、本題に入らないと帰ると席を立とうとする久我。

焦って止めるも、しょぼんとしながら高井課長と同期の馬場という先輩社員とサシ飲みした時の話を開始。

馬場いわく、この前高井が酒の席で“クビになってもおかしくない、とんでもない事に加担してしまった”的なことを言って陰鬱になっていた…と聞いた町上。

さらに、男はなんで女に弱いのか…など意味深なことも言ってた模様。

ただ、久我は例の若林課長から聞いた情報と真逆!?…と、口を閉じ回想だけに留めます。

つまり、“高井はこの件に関係ない”と聞き、あの場で虚言するとは考えにくく信憑性はきわめて高い。

美和に嫉妬前回の瑞江の嫌がらせが…

その頃、飯田美和と瑞江は、2:2で取引先のドランズ岩淵たちと懇親会の最中。

岩淵たちと美和は、竹之丞トークで大盛り上がり。瑞江が1人置いてけぼりという状況。

必死でにわか知識で瑞江も入ろうとしますが、好きな噺を振られた美和が「テディベア ローションまみれ」というコアな下ネタ系をぶっ込み、3人爆笑。瑞江は蚊帳の外。

メイクも前回と違って、親しみやすくて好感度急上昇な岩淵たち。

美和いわく、今日はスッピンメイクと言ってギャップ媚びで畳み掛けます。

ただ、瑞江が見る限り(明らかにルースパウダーやら何やらやってるやんか!!)とイラつきが治らない様子。

岩淵から、普段何やってるか尋ねられた瑞江は、ラブロマンス映画観賞や料理が好きとアピールするも、映画作品の名前聞いても全然ピンとこない先方。

グロ系のアクション映画の話をする岩淵たちに、美和もさりげなく詳しいネタを差し込み、またしてもトークに花咲かせ、「付き合っちゃいなよ」と先方の片方がからかって親近感MAX。

そのタイミングで、自分は中身オッサンだと下げる美和。

瑞江のような料理上手な人が岩淵には合ってると、瑞江にチャンス到来。

でも、聞き慣れないイタリアンやフレンチなどの得意料理を言われても、へ〜という回答で、これまた大ゴケ。

一方、美和がお洒落な瑞江さんと違って、自分は茶色弁当なので…と控えめアピールし、さりげに脇に置いたカバンから弁当箱が見えるよういつの間にか設置。

これも男性ウケ抜群で、偉いなぁとお弁当作ってる事に感心する岩淵たち。

もう瑞江も苛立ちが発言に混ざってしまい、普段弁当なんか作ってたっけ!?みたいにトゲのある言葉に、一同沈黙。

時々ですよ〜異動したてで瑞江とランチはまだだったから、と繋いでいきます。

岩淵は家庭料理は安心するし、近くの定食屋があって〜と再び美和と盛り上がり…

瑞江の嫌がらせが地味にウザくて…

ドランズ懇親会の帰り道、 終始すべりっぱなしで鬱憤の溜まった瑞江が、美和の言動に文句たらたら。

弁当箱の件にしろ、汚い女!と言ってのけますが、美和いわくサブカル系好きな岩淵に、ラブロマンス映画の話を持ってくるのはセンスなさすぎと笑って、余裕の美和。

服装もカジュアルにしたのは、瑞江の引き立て役になるためと、ぐうの音も出ない理由を言って、プリプリ煮え切らない気持ちでさっさと帰る瑞江。

その帰り、美和は若林課長との思い出を回想し、さっきのサブカルネタも全て若林から教えてもらったことだった…

そんな感傷に浸る美和ですが、翌日──案の定、瑞江の嫌がらせが発動。

まず、朝の会議時間を共有せず美和だけ会議不参加扱い。

戻ってきた一之江課長からイイご身分だこととの嫌味+今週中にテレアポ1000件を言い渡されます。

斜向かいのOLから個人チャットで、瑞江が朝イチで会議を入れたけど、美和だけ仲間外れになってやんの〜とこっそり事後共有。

瑞江からも、テレアポ1000件頑張ってね〜というご満悦な様子で言われる有様。

その時一瞬、企画一部の松原が仕事を手伝ってくれたことを思い出すも、すぐに切り替える美和。全ては若林課長のためだと…

三屋部長が例のノート持参で町上と…

町上と若林課長の話をまとめながら帰路を歩く久我は、誰かが嘘をついていると考えを巡らせます。

翌日、三屋部長と高井の件を報告し、ある人物からは真逆の情報を聞いたため、誰が虚言しているか見抜く必要性を伝えます。

このままでは誰かが冤罪を被ってしまうと懸念する久我に対し、三屋も上層部に伝えるのは保留し、町上からも話を聞くと言います。

ただ、町上を呼びに行った三屋の手には三屋チェックノートを発見。

もしかして町上が異動するのかと察した久我は…

『社内探偵』最新刊をお得に読むなら【まんが王国】

『社内探偵』8巻を漫画で読んでみたいという場合、電子書籍サイトの「まんが王国」なら他のサイトより約1ヶ月早い先行配信を行っています。

他にも、登録無料(登録しても月額は発生しない)、50%OFFクーポン付与最大45%ポイント還元というサービス付き!

登録後、『社内探偵』は1巻分だけ半額の110円(100P)で読むことができますし、一度試してみる分にはおすすめですよ!

\登録無料 + 半額クーポンあり/まんが王国で読んでみる※登録後に3000作品以上が無料で読み放題!

スポンサードサーチ

『社内探偵』8巻の感想・考察

不正の件で誰が嘘をついているのか?

高井 犯人説は濃厚と思いきや、新たな黒幕を匂わせる情報が舞い込んできましたね。

町上が馬場から聞いた情報も虚飾がない限りは、真実味を帯びていますが、これだけでは高井が自主的にやった証拠としては薄いかなと。

描写的に見ても、高井本人も自責の念があり、誰かに唆されてやらかしてしまった…という見方のがしっくりきます。

となると、若林が高井はシロと言ったのも、最終指令を出した人物からは外れるという含みがあると捉えられます。

証拠不十分では、高井を迂闊に問い詰められないため、今後の方策としては町上をスパイ要因として、どこかの部署に異動させる可能性があります。

きっと町上としては、異動先のことや作戦なんかより久我ありさ女史と離ればなれになることのが一大事でしょうけど…(笑)

社内探偵8話のネタバレ感想や無料で読む方法!高井の犯人説は嘘?『社内探偵』は、媚びまくり腹黒OLが上司や男を手玉に取り、他のOLがぞんざいな扱いをくらっているクレームに、キレッキレ人事部が解決してい...

まとめ

以上、『社内探偵』8巻のネタバレ感想の紹介になります。

高井の件で、情報錯綜してやや混乱しますが、馬場って先輩社員の情報がないため、次回はこの人物に近づいて欲しいところではあります。

あと最近、松原&林が出てきてないので、どうなってるか気になる…

では、最後までお読みいただきありがとうございました(^^

出だしだけちょっと気になるなって方は、コチラから試し読みもできますよ!

おすすめ関連作品のネタバレ紹介

こんな記事もおすすめ