腹黒・略奪女

社内探偵3話(3巻)のネタバレ感想!林のパワハラを一斉送信で告発?

この記事では、かたおかみさお先生の「コミックなにとぞ」連載作品『社内探偵』3巻の、

  • 見どころ
  • ネタバレ感想・考察
  • もっともお得に読む方法

をまとめて紹介していきます!

\登録無料 + 半額クーポンあり/まんが王国で読んでみる※登録後に3000作品以上が無料で読み放題! 

『社内探偵』3巻はこんなお話

キツい物言いをする林が一部に異動し、チヤホヤされていた飯田美和が今まで以上に仕事へのやる気が失せている様子。

林から「バカな子」発言を受けて早退した美和と、それを「放置している」とバッツリ言われる松原。

でも、逆に美和をバカにしていた自分にも気付き反省する松原は、久我にリンリン(林のこと)効果は大きいと前向きに伝えます。

美和との関係回復のために林がランチに誘いますが、本音トークが裏目に出て、美和がとうとう出社拒否し、林がパワハラだと一斉メール送信。

感情的になる若林課長を治めながら、チェックノート持参の三屋部長が林と美和の件について話し合い。

もし、こんなことで異動になったら林は愛想が尽かせ会社に辞めると久我に言い、久我も自分の人事采配が間違っていたのかと自問。

そして、戻ってきた三屋から思わぬ結果を知らされ…

スポンサードサーチ

『社内探偵』3巻の見どころをネタバレ

『社内探偵』3巻の見どころは全部で3つありますので、順番にネタバレしていきますね!

  • Point

    リンリンの発言に美和逃亡?

    林が一部に来て、最初は擦り寄りで手玉にしようと企んでいた美和ですが、逆に林が仕事の鬼すぎて全然やる気がなくなる始末。

    林から頼まれた仕事もせず、適当は生返事をする美和を見て、松原に“バカの子だからとみんなで教育放棄してる”とハッキリ言いますが…

    泣きながが会議室を飛び出し、そのまま早退する美和。

    林としては美和にもっと仕事に意識を持って欲しいかっただけ、と反省の様子を浮かべ、その一件を久我に報告する松原。

    松原はリンリン(林のこと)が美和に歯に絹着せずに言ったことを、自分が何言っても美和には無駄だと無意識に彼女を見下していると気づいたと伝えます。

    リンリン効果は松原にもあると、良い人事異動だったと久我も安堵。

    しかし、松原から美和にはもっと頑張って、自分の年収も軽く超えられる人材に成長して欲しいと意気込みを聞き、何か腑に落ちないと思った久我。

    人事部に戻って確認すると、まさかの…

  • Point

    美和が林のパワハラを一斉メール!?

    久我が知ったのは、美和が松原よりも給料が高いこと。

    町上は知っていたらしく、逆に同じ部署の松原ならそのくらい把握しているんじゃないかと当然の様子。

    でも、久我の見解では明らかに美和の給料を知らないと踏んだため、社内探偵こと一部の山下に接触。

    遠回しに最近の進捗を聞くと共に、久我は従業員の給料で面白いネタがあると言い、思った通り食いつく山下。

    でも、同じ部署なら誰がどのプロジェクトで成功させたか分かるから、自ずと給料も推測できるんじゃない、と山下の出方を伺う久我。

    それは分かるかも…と同調するも、最近は特にプロジェクトの成功も聞かないから、みんな変わらずという山下。

    ますます合点がいかない久我は、ある仮説を立てます。

    昇給は三屋部長の承認を通した正式なものだが、部署内の評価は課長が決めている。

    つまり、大きなプロジェクトのない部署で、成果をでっち上げた人物がいると…

    久我が当たりをつけたのは、当然企画一部の若林課長。

  • Point

    久我の人事采配は誤算だったのか?

    その頃、イーちゃんこと飯田美和が早退して、カリカリしている若林課長から彼女の仕事を押しつけられる松原、それを手伝う林。

    松原は久我のアドバイスメールを受け、林に美和をランチに誘うよう提案。

    翌日、ご機嫌斜めの美和に思い切って林がランチに誘い、一度断られるも押切って、松原と3人で定食屋でランチすることに。

    定食屋のおばちゃんに“林さんと同じのー”と、顔見知りでもないのに訳わからない注文をする美和ですが、コミュニケーションを取ろうと図る林。

    イースタにお洒落な店の写真を上げている美和に、料理は目でも楽しむものだと合わせ、美和も楽しげな様子ですが…

    脂身がすごい…といって、松原に脂だけ分けようとして、残せばと言われると、ひどい!両親からご飯は残さず食べるように言われたのに…と、収拾がつかない様子。

    美和に脂も摂った方が良いと林に言われ、プニプニ女子がタイプなのか返すと…

    顔粉ふいてて乾燥肌だから、ビタミンB1を摂るべきだと素でかます林。

    無茶苦茶ショックの美和は部署に戻ると、早速デスクから離れる始末。

    そして、その翌朝…

    一斉メールで、まるで小学生のような文面で林のパワハラを訴え、脂身&顔粉吹き発言がそうさせたと松原に言われ唖然。

    久我の見解では、林がたびたびクレームが入り、今回の件で社員が出社拒否を起こしたことから、こんな幼稚なメールでも人に訴える力はあるとのこと。

    早速、若林課長が怒気をまとい林と松原に迫りますが、それを宥めながらチェックノート持参で三屋部長も同席。

    これは林の異動になるのか…と久我の言い知れぬ予感が走ります。

『社内探偵』をお得に読むなら【まんが王国】

『社内探偵』を漫画で読んでみたいという場合、電子書籍サイトの「まんが王国」なら他のサイトより約1ヶ月早い先行配信を行っています。

他にも、登録無料(登録しても月額は発生しない)、50%OFFクーポン付与最大45%ポイント還元というサービス付き!

登録後、『社内探偵』は1巻分だけ半額の110円(100P)で読むことができますし、一度試してみる分にはおすすめですよ!

\登録無料 + 半額クーポンあり/まんが王国で読んでみる※登録後に3000作品以上が無料で読み放題!

スポンサードサーチ

『社内探偵』3巻の感想・考察

美和に振り回わされる周りって…

計画的な人たらしの美和ですが、林ことリンリンとの相性はすこぶる悪いようですね。

自身の持ち味というかスペックが全て無効化されるなんて、美和からしたらプライドが持たないでしょう。

てか、その時点で何しに会社に来てるんだって話!(笑)

美和にとっては職場も居心地の良いホームで、仕事なんてしなくても課長さえ抑えておけば昇給もできるわけで…

そんな世の中舐め腐っている美和に、リンリンのズバズバ発言は胸スカですね〜

でも、美和にとって林一人潰すのなんて訳ないってことも事実。

美和に転がされている腐れ課長がアホすぎて、理不尽攻撃される松原もよくキレないで大人な受容ができるなぁと感心しますね…

これで、リンリンがまた異動なんてことになったら、久我、三屋部長も立つ瀬ないですね。

社内探偵4話(4巻)のネタバレ感想!美和の投稿を縦読み解読?この記事では、かたおかみさお先生のコミックなにとぞ連載作品『社内探偵』4巻の、 見どころ ネタバレや感想・考察 も...

まとめ

以上、『社内探偵』3巻のネタバレ感想の紹介になります。

美和無双がそろそろボロってくるのが楽しみですが、まだまだ手強い感じがしますね。

久我もいい加減探偵らしくなってはどうかなと…

あの偵察屋の山下も危険な匂いがしますが、次回リンリンがどうなるか気掛かりですね〜

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました(^^

こんな記事もおすすめ