ワケあり親

薬屋のひとりごと(漫画)1巻のネタバレ紹介!壬氏の色気をガチスルー!

この記事では、『薬屋のひとりごと』1巻ネタバレを紹介します!

※本作品は月刊ビッグガンガン連載中です。

▼こちらが対象の作画です▼

スポンサードサーチ

薬屋のひとりごと1巻のネタバレ

1巻の見どころは全部で4話分ありますので、順番にネタバレしていきますね!

  • Point1(1話)

    後宮の呪い

    時代は中国・漢を想起させる時代背景。

    人さらいに遭い、ひょんなことから後宮で下女として働くことになった薬屋の猫猫(マオマオ)が、お世継ぎの帝の子の連続死に興味を持つところから始まります。

    それが、呪いだと恐れられていたところを、さらっと原因究明して解決してしまい、玉葉妃の子は助かるわけです。

    それを知らせた文(ふみ)によって、“文字が読める下女”である事がバレてしまい…

    何とか字が読めないフリをするものの、美男子の宦官・壬氏(ジンシ)に、あざとく見破られて、しぶしぶ壬氏に仕える事になった猫猫。

    これが猫猫にとっての壬氏との、ファーストコンタクトでもありワーストコンタクトでもあったわけです。

  • Point2(2話)

    狂科学者

    玉葉妃の子を助け、ひょんなことから玉葉妃の侍女になり、出世をした猫猫。

    ただ、薬や毒に対する好奇心知識人並外れており、自分で毒を体験し、その毒に酔いしれる傾向があるのです。

    そのうち玉葉妃の侍女となり、さらに毒見係に抜擢されたため、まわりはお気の毒なかわいそうな目で見られます。

    しかし、猫猫は逆に毒を味わい、他人から見たら、まるでおいしそうなものを食べているように見せるのです。

    毒による知識と、毒に対する愛が、猫猫が他にはない常識外れの人間に見え、もはや魅力的にさえ見えるのです。

  • Point3(3話)

    宮中の天女

    壬氏から媚薬を作れと命じられ、チョコレートを作る猫猫。

    ただ、酒や刺激物に慣れていない人は、チョコレートが媚薬になるということを初めて知る事に…

    そして、その媚薬なるチョコレートを夜食に食べようと、猫猫が仕舞っていたものを侍女たちが食べてしまい、彼女らは媚薬効果を発揮

    さらに、壬氏本人も気付かないうちに食していて、媚薬で色気ムンムンに…(笑)

    でも、しらーっと猫猫は原因を分析し、淫らなイケメンにも一切動じない様子。

    この件から、壬氏が猫猫に興味を持ち始め…

  • Point4(4話)

    月下の幽霊

    城壁の上で踊る夢遊病の妃・芙蓉妃

    彼女は武官に身請けされることが決まっていましたが、それが嫌で夢遊病になっていると壬氏に報告する猫猫。

    実際は幼馴染の武官に身請けされるときに、帝が惜しくならないよう、病のふりをしているのだろうと玉葉妃に告げていました。

    まさに「なるほど!」と言いたくなりました。目の前にあることだけが真実ではないことに驚かされます。


ニャン玉
ニャン玉
5話から先は2巻のネタバレ記事に続くニャ!

https://dramad-tv.com/2019/11/07/kusuriya-no-hitorigoto-02kan/

薬屋のひとりごと1巻を無料で読む方法

『薬屋のひとりごと』の1巻を読みたい場合、FODというフジテレビ系の配信サービスなら、1巻分を無料で読むことができます!

※FODはFODプレミアムの略

ニャン玉
ニャン玉
登録後すぐに読めるわけじゃないけど、8の付く日に無料で400ptずつ取得できるから、それが貯まり次第読むことができるニャ。
\2週間で最大900ポイント分が読める/

FODの公式サイトはこちら※登録後2週間以内に解約すれば月額は発生しません※

\解約方法を画像付きで解説しています/

FODの解約方法はこちら

ニャン玉
ニャン玉
でも、今すぐ読んでみたい人にとっては、さすがに待ちきれないニャ。

その場合は、次のU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTなら、登録後すぐにもらえる600ptに不足分の60円を追加するだけで、1巻分がお得に読めます!

U-NEXTの公式サイトはこちら

スポンサードサーチ

薬屋のひとりごと1巻の感想・考察

猫猫が毎回機転をきかせて働き、あらゆる事件を解決していくのが面白いです。

コミカルな要素と時間の謎を追求するドキドキ要素のバランスがとてもよく、テンポよく読み進められました。

どこかあっけらかんとしている、俯瞰して物事を見ている猫猫とどこか怪しい壬氏との掛け合いも毎回可愛らしく、微笑ましいなと思いながら読んでいます。

しっかり師匠の言いつけを守る姿や官女にからまれて嘘泣きしてかわす様子なども可愛らしかったです。

まだまだ怪しい壬氏の動向も気になるので、引き続き読み進められたらと思います!

チョコレートを薬にする着眼点

『宮中の天女』にて、壬氏に「媚薬を作って欲しい」と頼まれた猫々が作ったのが『チョコレート』。

固めるのに必要な氷が夏場は用意が出来ない為、水瓶で代用するという猫々の頭の良さに感心しました。

それにしても猫々の壬氏を見る目(壬氏曰く「まるで毛虫でも見るかのような目」)がなんとも言えません。

この後、おやつにと残ったチョコレートで作ったパンがひと騒動起こすのですが…

元々チョコレートが薬のような扱いだったとは以外でした。

本作で猫々が作る料理はどれも美味しそうで、食べてみたくなります!

それも込みで今後の展開が楽しみです。

まとめ

以上、『薬屋のひとりごと』1巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^

▼こちらが対象の作画です▼
こんな記事もおすすめ