ワケあり親

薬屋のひとりごと36話後編(最新話)のネタバレ感想!【毎月更新】

この記事では、ねこクラゲさん作画の月刊ビッグガンガン連載作品『薬屋のひとりごと』36話後編(最新話)のネタバレ・感想を紹介していきます。

▼対象漫画はこちらの作画です▼
 
ネタバレ 1巻 2巻 3巻
4巻 5巻 6巻
7巻 8巻 9巻

スポンサードサーチ

薬屋のひとりごと36話後編のネタバレ

この話数は『薬屋のひとりごと』8巻に収録予定です。

姐さんの身請けを賭けた将棋バトル

将棋盤を差し出した猫猫は、羅漢に勝負を挑むことになります。

勝負は5回。先に3勝した方が勝ち。

ハンデはどうするかと色々提案されるも、キッパリ断る猫猫。

そして気になる賭けの代償は次の通り。

羅漢勝利:猫猫が自分の子供になる

猫猫勝利:緑青館の妓女を一人身請けしてもらう

羅漢の要望に動揺する壬氏ですが、すんなり受け入れる猫猫。

ただ、猫猫は現在雇用中の身のため年季明けになると聞き、ちゃっかり囲い込んでいる壬氏を見て嫌らしくニヤける羅漢。

一方、猫猫の要望については承諾し、他にはないかと聞く羅漢ですが…

ルールは毒酒を飲むこと?

5つのコップにキツめの蒸留酒を注ぎ、そこへ粉末の薬を内3つに入れてシャッフルする猫猫。

もし、3つ飲んでしまった場合、猛毒に変わると説明。

1戦ごとに勝者が選んで、敗者に飲ませるため、なかなかエグい考えだと思う壬氏と高順。

さらに、もし試合放棄をした場合、強制的に負けというルールも加えます。

猫猫は将棋が弱すぎるけど問題なし?

色々と揺さぶりを掛けている猫猫を見て、一筋縄ではいかない軍師・羅漢を相手に何か考えがあるのかと巡らせる壬氏。

ただ、当ては完全に外れ、瞬く間に2敗する猫猫。

基礎を知っているだけの猫猫は羅漢の相手にはならないと察します。

蒸留酒でほろ酔い気分になっているが、あと1杯でもしかしたら毒に変わる危険だってあるのに…

毒に当たっても猫猫の免疫力ならなんとかなるが、不安すぎる…

壬氏がモヤモヤ不穏な気持ちの中、まさかの猫猫が勝利。

娘に毒を飲ませるわけにはいかんからなーと、お情けで勝利を譲る羅漢。

羅漢が一口飲んでなぜか倒れる?

選ばれたコップを持ち、薬というのは味があるのかいと聞く羅漢に、一口飲めば違いが分かると返す猫猫。

実質、3杯目には毒になるなら、羅漢は2回までは負けられると計算し、猫猫も自分も無傷で済むやり方をあえて取るとは抜け目のない…と勘ぐる壬氏。

コップを口にして飲んだ羅漢の感想は「しょっぱい」。

つまり、薬に当たってしまったため、毒の恐怖はなくなり、勝負は羅漢が圧倒的優勢。

しかし、「あつい…」と言って、バタンと横に倒れる羅漢。

まさか本物の毒を混ぜていたのではと、さすがに公人相手として焦る壬氏。

それに対し「酒は百薬の長」と、正しいことを言っていたと自ら肯定する猫猫。

つまり、羅漢は下戸で単純に酔って眠っているだけとのこと。

腰に下げていた瓢箪にはジュースが入っていた…

それに、猫猫が入れたのは薬ではなくアルコールの吸収が良くなる塩と砂糖とのこと。

要は、最初からこうなると決めていたのか、と呆気にとられる壬氏。

本題の妓楼の花を選ばせようと言った猫猫は、羅漢を担がせて緑青館を目指します。

『薬屋のひとりごと』の最新話を無料で読む方法

『薬屋のひとりごと』の最新話(ビッグガンガン)を読む場合、U-NEXTなら登録後すぐに無料で読むことができます!

ニャン玉
ニャン玉
月刊ビッグガンガンは550円なので、無料付与される600ポイントに収まるニャ。
\31日間無料・登録後600ポイント付与/

U-NEXTの公式サイトはこちら※登録後31日以内に解約すれば月額は発生しません

U-NEXTをすでに利用済みという場合、music.jpでも同じく無料で読めます!

music.jpの公式サイトを見る

スポンサードサーチ

薬屋のひとりごと36話後編の感想・考察

羅漢の相性も手の内?

勝ち確定の中、優雅に酒を飲みながら駒を進めていたとは…猫猫の戦略は相変わらず怖いですね。

酒の弱さを知らないわけがない羅漢ですが、あえて負ける理由はないはず。

あまりに薬→毒のインパクトが大きく、自分が下戸であることすら忘れてしまったとも考えられますね。

ともあれ、これでスポンサーが確保できたので、仕返しも兼ねて今回は猫猫の圧勝になりそうですね!

まとめ

以上、『薬屋のひとりごと』最新話のネタバレ・感想でした。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^

こんな記事もおすすめ